諦めず気が遠くなるまで繰り返す

『何事も諦めず気が遠くなるまで繰り返す!』

私は柔道の中でこの事を学ばせて頂きました。諦めず精進を続けている限り未来に続く道は必ずあるはずです。この歳になっても今尚、なかなか未来はスッキリとは見通せません。しかし日々に危機感を持って覚悟を決めて、走り続けております!


2018年

10月

31日

今さらですが、話し上手より聞き上手

誰もが知っているようなセオリーを、なぜだか知ることなく、この年まで来てしまった。

本日のタイトルでもある「話し上手より聞き上手」のことである。

私をご存知の方はすでに承知してくださっているだろうが、私は人の5倍ぐらいお喋りな人間である。だからビジネスにおいても、コミュニケーションにおいても、会話を重要視していて、会話は他人から評価される事柄の一つだという認識であった。

そのため、会話の中に出て来たキーワードに反応して、はいその事には精通していますと自分の知識を披露してみたり、はい私も同じような事を経験していますと自分の体験談を長々と話してしまったり、不満や悩みを訴える人には、すぐさま解決策を提案したりしていた。要するに、自分が会話の主導権を握り、自分の言いたい事を一方的にマジンガントークする、大阪の社長にありがちなタイプの人間だったのである。

こういう自己中心的なトークをしてしまうようになったのは、元もとガキ大将的な物の考え方があったのと、私の一方的な話をニコニコと聞いてくれていた早逝した母からの溺愛が原因かもしれない。

しかしながら、新規事業でサ高住を運営するようになり、高齢者の方々や女性スタッフ達と接する機会が急激に多くなり、今までの自分のやり方だとダメだと感じるようになった。

私に足りてなかった部分は「共感」なのである。

いや、言い訳すると共感はしていたつもりなのだが、自分の経験や意見を述べる手法で共感していたのだが、しかし今思えば「共感していたつもり」だったのかもしれない。

共感する(相手の立場になって考える)には、まず相手の話に口を挟まずじっくり聞くことである。(←これが不十分であった)。

さらに相手が話してくれた状況や感情を、自分の言葉に置き換えて返すと、「あぁ、ちゃんと伝わった」と相手もひとまず安心してくれる。

こういう部分がこれまで私には欠如していた事を、恥ずかしながら近年知った。

 

最後に一つ、皆さまにクイズです。

Q、下の3つのコミュニケーションは、会話の際に相手に影響を与えますが、その影響の割合を答えなさい。

・言語的コミュニケーション(話の内容等)

・凖言語的コミュニケーション(声の大きさ・声のトーン・話すスピード等)

・非言語的コミュニケーション(表情・姿勢・態度)

 

A、

・言語的コミュニケーション(話の内容等)7%

・凖言語的コミュニケーション(声の大きさ・トーン・スピード等)38%

・非言語的コミュニケーション(表情・姿勢・態度)55%

なんと話の内容以外が93%なのである!

 

2018年

10月

07日

ふと回想

私が始めて格闘競技を習ったのは小学校4年生の時に少林寺拳法の門を叩いたのが始まりである。きっかけは近所の一つ上の友人である石野君が先に習い始めていて、私も話を聞くうちに興味を持つようになり、誘ってくれたからである。

私は小さい頃は、母からの結核の母子感染もあり、病弱であまり健康な方ではなかったような気がする。しかし私がやりたいと言ったことは何でもやらせてくれる両親であった。

少林寺拳法を始めた頃から前後して、結核は偽陽性になり、年々健康になっていった。

中学2年生まで少林寺拳法を習い、柔道に転向する時も両親は「自分の好きなようにしなさい」の一言であった。

今、思い返すと中学を卒業するくらいまでは、私は何事にも中途半端であり、両親もまた、そんな息子に兎や角言うこともなく、自由にさせてくれていた。

しかし天理高校柔道部に進学が決まった時、私は初めて、父から厳しい言葉をもらった。

「母の死に目には会えない覚悟で行け!」(不安の哲学>>)

この瞬間の事は今でも覚えており、はからずも実際そのようになった。

この時初めて「男の人生は中途半端な事ができない」という想いが私の中に湧いた気がする。

その後、高校3年間である程度の実績は残せたが、私は柔道で食べていけるほどの才能は無いという事実を薄々と、そして次第に切実に自覚するようになっていた。

それと並行して、左右田鑑穂社長(現:東建コーポレーション(株)代表取締役社長兼会長)との出会いがあり(天才たち>>)、強烈な憧れがあり、その結果、自分の中で進みたい道が明確になり、「高校を出たら社長の会社に就職させてください」と社長に申し出た。

しかし答えは「NO」であった。「高卒ではこれからの社会では通用しない。まずは大学へ進学しなさい」とのお言葉であった。

その後、大学へ進学したものの、一日も早く社長の下で学んで立派な経営者になりたいという思いが強く、中退し社長の書生をさせていただくことになった。

日本体育大学の寮から父に電話を入れ、大学をやめることを告げた。父から返ってきた答えは「自分が決めたことや。好きなようにしたらいい!」であった。

父は、私が大学を中退するため大学柔道部のH監督のところへの事情説明とお詫びに行くとき同行してくれた。

また、左右田社長と天理高校柔道部で同級生だったH監督も、「左右田に憧れてのことか!よし分かった!」の一言で中退を認めてくださったのである。

今日は徒然なるままに、私の半生を綴ってみた。

 

2018年

9月

18日

台風21号

最初に、この度の台風21号及び北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

新聞やテレビ等のマスコミで報道されたように、当社が所在する泉南市でも台風21号による甚大な被害が市内全域に渡り発生した。

当社においても倉庫2棟及び工場の屋根・その他に被害が発生した。

また、停電や電子機器の故障により、6日まで電話等の通信が不通になった。(この間お電話いただきました方々には大変ご不便ご心配をおかけしましたこと、お詫び申し上げます)。しかし一人の怪我人も発生せず、メインの製造施設や、2015年に開設したフラワーホームは無事で、お陰様で7日より平常どおりの業務を再開出来た。

まさに「大難は小難に、小難は無難」になったと感謝し、完全復旧に向かって従業員一同と共に邁進して行く所存であります。

何卒ご休心の程をお願い申し上げます。

 

さて今回の災害では、「自分一人で孤独に歩んでいるのではない」ということが、改めて身に染みた次第である。

心温まる励ましや物心両面に渡るお見舞い・支援を全国各地の多くの方からお寄せ頂いた。先ずをもって有り難く、心より厚くお礼を申し上げる次第であります。

また台風の通過直後の混乱の中で、急を要する案件も同時多発したが、社員たちは指示待ち族にならず、自己判断でそれぞれが最善を尽くして迅速に行動してくれた。

例えば自らの判断で懐中電灯や氷・土嚢を買いに走ったり、ネットで情報収集し有益な情報を報告してくれたり、御入居者様の食事の緊急手配をしてくれたりなど、私が工場の復旧に当たる裏で、同時進行で対応にひた走ってくれた。

またボランティアを申し入れしてくれる知人も複数いた。

柔道部の後輩でもある出入りの電気屋は、普段ならば同窓なのを良いことに私の依頼を後回しにして他のお客さんを優先し何日も来てくれないのに、台風通過後に電話をかけると15分で来てくれ復旧に向けての対応をしてくれた。

他にも製パン工場さんは被災当日からパンを供給してくれたし、建設会社(東建コーポレーション株式会社)・工務店(MELEE)や機械メーカー(福武冷機工業所)(ヤンマー)(阪南防災)・関西電気保安協会等は、翌日から毎日のように来てくれて点検や復旧に向けてご尽力頂いた。

皆様の数々のご厚情に触れ、人生という道すがらが決して「自分一人で孤独に歩んでいるのではない」ということが、改めて身に染みた次第であります。

 

完全復旧にはまだしばらくの時間を必要とするが、当社に関わってくださっている皆様のお力を拝借し、従業員と共に励む覚悟であります。

まずは取り急ぎ、このブログでお礼方々のご報告と深謝申し上げる次第であります。

 

2018年

8月

23日

嬉し涙

平成30年8月8日に、母校の天理高校がインターハイ(高校総体)柔道競技で、実に27年ぶりに全国優勝を成し遂げた。

まず、指導者や選手の皆さんの栄誉と健闘を称えたい。

そして長年に渡り辛抱強く天理高校柔道部の活動を支え続けてくださっている全ての皆様にOBとして感謝申し上げ、皆様と共に母校の優勝を諸手を挙げて喜びたい。

 

さて私はインターハイが開催されていた三重県津市へ2泊3日の泊まり込みで、OB諸氏の数十名と共に応援に駆け付けた。

決勝戦の前日は興奮でなかなか寝付けないほどであった。

優勝の瞬間を目の当たりにした時には、柔道の応援で初めて、涙がこぼれた。

周りを見渡すと、応援に駆け付けたOBのオジサン達が皆、涙を浮かべていた。

 

ところで私は現役時代に、負けて悔しくて堪え切れず泣いた事が幾度かあった。しかし、嬉し泣きを経験したことは無かった。

地方大会で優勝しても、その次の大会で負けたらどうしようと不安で素直に喜べなかった。

春に全国優勝した時も、大きな喜びを感じながらも心の片隅では、次の夏の大会の事を考え不安であった。

3年生の最後の試合、夏のインターハイで優勝し春夏連覇した時は心の底から嬉しかったが、男が人前で泣き顔を見せるのは、自分をさらけ出すようで恥ずかしく感じた当時の私は涙をこらえた。

経営者になり、大きな仕事が決まった時も、喜びよりもその責任を感じて不安の方が大きかった。

うれし涙を流したことは記憶にない。

いつも、嬉しいと感じるのと同時に、責任や、その先の事が脳裏に浮かんで、諸手を上げて喜ぶことは出来なかった。

しかし年を重ねて涙もろくなったのか、それとも自分のこと以外(人のこと)なら、「混ざり物がない純粋な喜び」を感じられるのか、今回ばかりは嬉し涙がこぼれた。

 

ところで私を筆頭に、同世代のオジサンOB達のオジサンくさいことよ。

「あっちが痛い」「こっちが痛い」「どこどこの調子が悪い」「しんどい」「疲れたな」のオンパレードである。

生気に満ち溢れている高校生たちと、夏バテしているオジサン達のコントラストが強すぎて、ハッ!と自己反省である。

「あぁ暑い」「あぁしんど」と生気の抜けた顔をしていたらアカン!「生涯現役と長生き」を目指してオジサンOBも頑張るぞ!と改めて心に誓ったわけである。

当社シニア事業部が運営するサービス付き高齢者向け住宅フラワーホームが、

産経新聞様の2018年7月20日の朝刊に掲載されました。

 

※記事を拡大する(PDF)>>

2018年

7月

29日

やらずに後悔していること

「やってみたい」と思った事を、やろうと思えば出来る時に、やらずに(挑戦せずに)終わってしまい、同じ事をやって(挑戦して)成功した人を見ると、必ずと言ってよいほど後悔の念が沸く。

 

私が、やらずに後悔している事は「英語」である。

あれだけ時間があった学生時代に、何故マジメに勉強しなかったのだ!?と昔の自分を思い出して悔しい気持ちになる。

今ほど世の中がグローバルになるとは、あの当時は思わなかった。もっと正確に言うと、そういう事すら考えた事が無かった。

海外の会社と、商社を経由してお取引をすることもあるのだが、私が自在に英語を話せたら、もっと違うビジネスの仕方もあっただろうし、また海外の船会社から突然問い合わせの英文FAXが直接送られて来た時にも、あんなに大慌てにならずに済んだだろうになぁと思う。(結局、英語が出来て輸出入に堪能な行政書士の先生に、コンサルを通じて丸投げした)。

 

人間万事塞翁が馬」の回に紹介した、同じ高校の柔道部の先輩達が、フランスやスペインに、柔道の海外普及のために派遣され、その後そのまま移住され、今ではペラペラに外国語を操っている様子を以前拝見し、本当に眩しく、羨ましい限りであった。

同じく「生涯の縁」の回に紹介した柔道部の先輩も、それなりにそれなりの英語を操りながら、大学の国際交流センター長として柔道の国際大会等に派遣されたり、留学生のお世話等をされている事を知る度に、

「なんで、同じ寮の、同じ部屋で、同じ時間を過ごしたあの先輩が英語喋れて、俺が喋られへんねん!?」と、妬ましい思いである。笑

英会話教室にでも通って、その結果、センスも才能も無くて喋られなかった・・・という始末ならば、今のように悶々とした後悔ではなく、カラっとした諦めが手に入ったのになぁと思う。

学ぶチャンスを狙っているのだが、「D」を「デー」と発音してしまう私には、なかなかその一歩が踏み出せず、「そんな時間も無いし」と言い訳を自分にしてしまう。

 

「やらずに終わった後悔」と、「やって、失敗に終わって、する後悔」。

どちらが正解かなんて無いだろうが、やらなかったことへの後悔は、いつまでもずっと残るものだなぁ・・・。

 

2018年

7月

14日

売って反省 クレームに感謝

私は青春時代の大半を費やして柔道を学んだが、その中で「投げて反省 投げられて感謝」という言葉を聞いたことがあった。

以前、中学時代の親友であり、国士舘大学剣道部出身で現在は教員をしているN君から聞いた話だが、剣道にも「打って反省、打たれて感謝」という言葉があるらしい。N君曰く、「剣道が先に言った言葉だ!マネするな」との事であった。しかしながら、私もそのまま引き下がるのは悔しいので、「柔道の方が先だ!」と返し、その後は柔道と剣道どちらが強いかの言い合いに発展し、結果たいへん楽しい時間を過ごした。(笑)

ところで改めてこの言葉を簡単に解説すると、

「投げて反省」とは、たとえ勝者になっても、本当に正しく出来たのか、常に自己反省することである。

「投げられて感謝」というのは、自分自身の隙や弱点を教えてくれた相手に感謝することである。

それに加えて講道館柔道での感謝には、試合や練習の開始終了のみならず、道場の出入りや先生や全ての相手に対しても必ず「礼」を行うことも含まれる。また道場以外の状況下においても講道館柔道の精神(精力善用自他共栄)に則り、常に自分自身の行動を反省し、置かれている立場に関わらずに常に相手に敬意を払うなど、「謙虚でなければならない」と言う意味が込められているのである。

この姿勢は経営にも通じる。

そこで頭に浮かんだ言葉が、表題の「売って反省 クレームに感謝」である。

毎回そうだが新商品の発売を開始した時、私の心の大部分を占める感情は、「売りたい!売れて欲しい!」で、どうやったらHITするのか必死である。

しかし売れれば売れるほど、私の心の大部分を占める感情は反省・・・と言いたいところだが、本当のところは「不安」である。主力になっているこの商品が売れなくなったらどうしよう、万全の注意を払っているがミスは無かっただろうかと不安になる。しかし、この不安こそが、「他の主力製品を開発しよう」だったり「ミス防止の仕組み作りを再構築しよう」だったり、次に進展するための原動力になるのだろうと思う。

だから何度も言っているが、経営者は、どこまで行っても不安と共に生きるしかないのだと思う。

またクレームに関しては、それこそ感謝である。

不満に感じていても、それを企業に伝えるには、それなりの労力が必要で、何も言わずに離れて行くお客様の方が多いであろう。そのためクレームは氷山の一角で、一つのクレームの陰には、同じく不満を感じた人が何人もいるということである。

経営側が見逃していた問題点(改善点)を教えてくれる大変ありがたい人である。