2019年5月

2019年

5月

14日

甲子園

先月、45年来の親友だったN君が亡くなりました。

彼とは地元中学校の同級生で、同じクラスになったことは一度もありませんでしたが、中学1年生からの付き合いでした。

友人になったきっかけは、校内体育祭で騎馬戦をすることになり、隣のクラスにいた体格の良い彼に私の方から「騎馬戦の馬を一緒に作ってくれへんか?」と声を掛けたことが始まりでした。

あと一人、I君という同じくらい体格の良い子にも声を掛けて3人で土台の馬を作り、その上に学年で一番体重の軽かったU君に乗ってもらいチームになりました。

結果、校内体育祭で私たちの馬は3年間負け知らずでした。

 

当時のスポーツ少年の誰もが「巨人の星」や「柔道一直線」を観て憧れていたように、中学卒業後は、N君は当時の野球強豪校 和歌山県箕島高校の野球部で甲子園を目指し、私は奈良県天理高校の柔道部で日本武道館を目指しました。

学校は違いましたが共に一流選手を目指して頑張る者同士として、互いに励まし合いながら、高校生になっても付き合いは続きました

その後、彼は肘の怪我と肝炎を患い、甲子園出場の夢は断念しましたが、社会人になって以降も野球を続け、地元の強豪草野球チームでピッチャーとして大活躍しました。

卒業後の数年間、彼は父が営む精肉店を手伝っていましたが、平成元年にその関連性を生かして、泉南市で焼き肉店を開業しました。

その名もずばり、青春の夢を託した「焼肉 甲子園」です。

持ち前の何事にも一生懸命で明るく優しい人柄は、多くのお客さんに親しまれました。

また、精肉店に生まれ育ったこともあり、肉の品質に関してはたいへんな目利きでもあった為、あっという間に近隣の市町村からも大勢のお客さんが押し寄せる泉南で一番の繁盛店になりました。

 

ある日、こんなことがありました。

当社に東京から来客があり、その日の夕食(接待)を甲子園に予約させてもらいました。

予約時間に甲子園に行かせてもらいました。が、不思議な事に本来なら予約なしでは座れない繁盛店なのに、ましてや夕方の最繁時だというのに客は私達だけです。

そこで私は、「今日はお客さんが少ないから、飲食時間120分を超えてもいいか?」と聞くと、「明日の朝までかめへんで!今日の客はタッチャン達だけやから! 今日は定休日やから、久しぶりに誰も来ないから、ゆっくり食べてや!」と言うのです。

私はその言葉を聞いて初めて、この日が定休日だったことを知りました。

定休日にもかかわらず、私の東京からの来客の接待と聞いて、一言も定休日には触れず、予約を受けてくれていたのでした。

帰りに店先を見ますと、確かに、のれんが掛かっていませんでした。

申し訳なさと、そしてN君の人柄と、親友としての気遣いに頭が下がりました。

後日、N君に尋ねると「つれの仕事の接待やったら、店しめれるかいな!」と話してくれました。

この一つを取ってもN君の人柄が偲ばれますが、他にも沢山のエピソードが思い出されて、胸が一杯になります。

 

最後に「焼肉 甲子園」に行ったのは1月の末頃だったのですが、帰り際に店先で、N君が「タッちゃん、握手しよう?」と声を掛けて来ました。

体調の悪さを年末から聞いていたので、私は親友を励ます意味で、「お前が病気を克服して元気になったら、記念に握手しょうや!病気がなんぼや!野球の練習に比べたら軽いもんやろ!」と断わると、「ホンマやな!箕島の練習に比べたら屁でもないわ!よっしゃ分かった!待っといてくれ!」と返ってきました。

その後も何度か携帯電話では話しましたが、会ったのはこの日が最後になりました。

訃報を夜に聞いて翌日の朝に自宅へ伺い、静かに眠るN君の布団の中に手を入れて握手をしました。

N君は、野球で甲子園に行くという少年時代の夢は叶いませんでしたが、平成の始まりから終わりまで30年間の長きに渡り、野球を経営に置き換えて「焼肉 甲子園」と命名した自分の店を繁盛させ続けたことによって、その夢を達成したように思いました。

 

N君、長い間お疲れ様でした。そしてありがとう。